2018年11月08日

ベンツ W124 500E エンジン始動不良 整備 続!!!

おはよう御座います。
先日のエンジン始動不良の500Eの件です。先ずは燃料の噴射量が、一定では無い事から、ユニット類をリセット。
次いで、点火系に移って、湿気を多く含んでしまう、ディスビキャップ、ローター、スパークプラグを新品交換。
CA72C788-3152-4E4D-BE3F-7A6AF8017B3E.jpeg
上部画像がその点火系の画像です。
湿気の対策として、カバーがあるのですが、此れが外されていた状態でしたので、お客様に説明して、取付けする事に^ ^
次いで、ファンベルトが緩々の為、ベルトとテンショナーを交換させて頂きました。
7E075E3B-BF0E-425F-9211-3E09CA5317B2.jpeg
上部画像がその、テンショナーとベルトです。
此れ等を交換後、エンジン始動も良好。アイドリング不調も良好。
お客様に納車させて頂きました!d(^_^o)

毎回、思う事ですが、90年代からの車は、コンピューターを弄っていない限り、ノーマル状態がベストだと思います。
大元のコンピューターを弄っている場合は、其れに伴いあらゆる部品も交換が必要でしょうが、ノーマルのコンピューターに、点火系等々を弄っても、何も意味が無いかと思いますよぉ〜。
私個人の意見ですので、あくまでも参考程度に受け取って下さいね〜。^ ^

さて、本日も気張っていきましょうか。^ ^ 皆様、本日も宜しくお願い致します。m(_ _)m

ECUチューニングの事なら
Tunerwerks Japan

posted by エアフォルシェ at 08:56| Comment(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: